About

[`evernote` not found]
Pocket
LinkedIn にシェア

Euphists’ Paradise」なんて読むの

ユーフィスツ・パラダイス。


Euphists’ Paradise」の Euphists’ って?

( Euphonium – onium ) + ist + s(pl) + ‘s

ユーフォニアムの奏者は英語では Euphoniumist。なんだか言いにくいですよね。ホームページのタイトルにするには、語呂もいまいち。で、短くした euph に、奏者を表す -ist つけて、複数形の s、所有を表す ‘s で複数形の場合は s が略されて・・・Euphists’ 。ざっくりと「ユーフォ奏者たちの」って感じの造語です。Paradise はなんとなくです。当初は省略の ‘ をつけて Euph’ists’ としていましたが、2002年2月の10万アクセスを機に変えました。

英語の綴りにしているのは、ゆくゆくは英語ページも作って、世界中の Euphistsを集める、なんて大風呂敷拡げ的な野望があったから。

Euphist という言葉が国内のいや世界のデファクト呼称になったら、冥土の土産になるなあ。


Who is making this site?

このサイトの管理人はいくつかの弱小バンドを渡り歩いて、今は某社の吹奏楽団で吹いてます。たまにあちこちにトラで顔を出したりもしま す。弱小バンド育ちだからと言って、鄙びた腕ではないと思いますが、その辺はこの下にある演奏ファイルをお聞きの上ご判断ください。最近は練習不足でなか なか上達が見込めず、過去の貯金を食いつぶしている状態です。

自己紹介のページはこちら。 ユーフォニアム関連は名鑑の0番。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*